Archive for 2009 年 11 月

ウコンのお話

健康食品情報 | by ksugisawa
11月 19 2009 年

はやりも終わって一般化されてきたウコンですが、健康増進に役に立つ成分としてウコンサプリメントを活用している人は少なくないようです。
実際、ウコンには色々な効果があります。肝障害を改善する効能がウコンにはあります。
胆汁分泌を促す効能がウコンにはあるので肝臓機能を高めるのに役立ちます。
動物実験では、ウコンを用いることでガン抑制作用が認められており、
皮膚や肺、大腸、前立腺のガンに効果があるとされています。
人体内の有毒物質を取り除き、悪酔いをしなくなるともいいます。
ウコンが消化液胆汁を増やすよう肝臓に働きかけるからです。
ビタミンE等に匹敵する強い抗酸化作用をウコンは持っているので、
喫煙や老化に伴って増える遺伝子の障害を防ぐ効能もあるそうです。
ヘリコバクターピロリ菌を抑え胃の働きを良くします。他の多くの細菌の殺菌効果もあります。
その他、コレステロールを調整する効果もあるようです。
動脈硬化の原因となる過酸化脂質も減少しますので成人病予防にも効果がありそうです。
ウコンサプリメントを積極的に使いこなして、
体にいいウコンの効果を存分に引き出すにはどうすればいいものでしょう。
お酒をよく飲んで肝機能の低下が気になる方には秋ウコンサプリメントがおすすめです。
春ウコンは、健康な体を造り内臓の機能をアップさせるために使われます。
コレステロールの抑制やダイエット、
便秘の改善などの効果をサプリメントに期待したいという場合は紫ウコン配合のものにしてください。

プロテイン(サプリメントシリーズ)

健康食品情報 | by ksugisawa
11月 19 2009 年

サプリメントでプロテインを摂取する目的は何でしょう。たんぱく質を取り入れたいならば、豆や穀物類、魚や肉や卵などからも補充が可能です。とはいえたんぱく質のために肉や魚を摂取すると、同時に脂肪成分も摂取することになりますから、カロリーが高くなりやすいようです。カロリー過多にならずにたんぱく質だけを取り入れたい場合は、余分な成分は除去したプロイテンサプリメントが役に立つでしょう。骨格を支えたり運動器官の源となっている骨格筋には、全体の50%のたんぱく質が存在します。たんぱく質を使う分量は、骨格筋を動かす機会が多い運動などをしている人ほど大量にならざるをえません。運動をする人にとって、たんぱく質は特に摂取すべき大切な栄養素です。効率的で取り入れやすいプロテインサプリメントが重宝されるのはそういった理由からです。カゼインプロテインやホエインプロテインは牛乳から、大豆プロテインは大豆から作られており、いずれもプロテインですが価格や口当たり、成分などが微妙に違います。目的に応じて使い分けるだけでなく、吸収スピードが遅いカゼインプロテインと早いホエインプロテインの同時併用で得られる効果もあります。筋肉の組織分解を予防するたんぱく質は吸収が遅い方、体が筋肉を作りやすくしてくれるのが吸収が早い方といった特色があります。大豆プロテインは、コレステロール調節作用、除脂肪効果、疲労回復などの効果が期待されます。

サプリメント(血糖値にとっても効果があるらしい)

健康食品情報 | by ksugisawa
11月 19 2009 年

アガリクスなどのキノコ由来のサプリメントは、血糖値を下げる効果が期待できるとして愛用している人が少なくありません。以前から、糖尿病の対策にはキノコがいいとされており、体の免疫力を向上させ血流循環を促す食材とされていました。特にアガリクスはキノコの中でも血糖値改善効果が優れているとされており、サプリメントに適した材料とされています。血糖値が気になっている人だけがアガリクスサプリメントを活用するのではなく、更年期障害が気になる方、ガン対策を行いたい方も押さえておきたい成分がアガリクスです。サプリメントなどで成分を取り入れる際、高血糖状態では成分がうまく体内に吸収されません。血糖値サプリメントとして、マルチビタミンも使うと効果を高めることができるでしょう。人体に必要な成分であるものの、食材から摂取しにくいものが亜鉛です。味覚が正常に働かなくなったり、酸化防止作用が弱くなることがあるので、亜鉛欠乏にはくれぐれも気をつけたいものです。正常な体を維持するためにも、亜鉛不足をサプリメントで補うことは大事なことでしょう。お肌の調子を整え、便秘改善に役立つ食物繊維が豊富なアロエが同時に配合されている血糖値サプリメントもあり、重宝されているようです。血糖値サプリメントに冬虫夏草が加えてある、体の栄養になるサプリメントも存在します。体質に合う、相性のいい血糖値サプリメントを使いましょう。また、血糖値を下げるサプリメントと併用して、特定保健用食品を利用する方法があります。

とってもヘルシー おからのダイエット紹介

健康食品情報 | by ksugisawa
11月 19 2009 年

おからは栄養が豊富なことに加え、低カロリーで腹持ちが良いのでダイエット食品としては非常に優れています。おからは、味が淡白なのでどんな料理にも合いやすく、おかずからお菓子まで幅広いダイエットメニューをカバーしています。わずかなごはんで満腹したい時はおからを混ぜ込んで炊飯をします。白米だけより栄養価が高く、それでいて満腹もできます。おからを利用したダイエットではご法度とされるダイエット中の炭水化物の摂取も気にしなくてすみます。ひもじくてたまらないという時は、おからとこんにゃくを軽く煮て食べるとダイエットの補助となります。おからは様々な料理に活用することが可能で、ハンバーグを作る時におからを混ぜ込むことでかさましをすることもできます。わずかな甘みもあるため、おからはメインの食事を作るだけでなくクッキーなどのお菓子でも活躍します。近頃では、ダイエットのための食事としておからクッキーが注目を浴びています。1回の食事をおからクッキーに置き換えることによって、摂取カロリー総量を減らしつつ、食物繊維などを取り入れダイエットを続けることができます。お菓子作りが好きな方は、マフィンやホットケーキにおからを混ぜても良いですね。おからの甘みは控えめなので、くどい甘みが好きでない方でも摂取できるでしょう。おからをどのように活用するとダイエットにいいかは様々な書籍やネットをに書かれていますので、ぜひトライしてみてください。